ポルフィリン症

ポルフィリン症−【腹痛下痢便秘症状病気】

ポルフィリン症の症状

ポルフィリン症 ポルフィリン症は、腹痛・肝障害・便秘・嘔吐などの症状がでる病気です。

 ポルフィリン症は、国内で約800人程度しか報告されていない珍しい病気ですので、病気に気づかず重症化するケースもあります。

ポルフィリン症の原因

 酸素を運ぶ赤血球の中の「ヘモグロビン」を構成するタンパク質「ヘム」が、生まれつきの遺伝子異常のために作れない病気です。

この病気は、ヘムの代わりに作られるポルフィリンという物質が体に過剰に蓄積されていき、皮膚の露出した部分にたまったポルフィリンは日光を浴びると毒化し、組織を壊します。

 ポルフィリン症の原因は、遺伝がほとんどです。まれに肝炎や長期飲酒、薬物などが誘因になる場合もあります。

ポルフィリン症の治療法

 現在の医学では、ポルフィリン症を治す治療法はなく、症状の原因となる日光を避ける、太陽にできるだけ当たらないという対症療法のみです。

ページの一番上へ>          次のページ→うつ病
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-