かぜ症候群

かぜ症候群−【腹痛下痢便秘症状病気】

かぜ症候群の症状

かぜ症候群 かぜ症候群は、発熱・嘔吐・下痢・腹痛などの症状がでる病気です。

 一般的な症状の軽いもの(普通感冒)から、インフルエンザなど症状の重いものまであります。

かぜ症候群の原因

 かぜ症候群の感染経路は、くしゃみや咳などによって、ウイルスを空気中に放出することによって感染する飛沫感染と、ウイルスが付着したものに接触して感染する接触感染があります。

かぜ症候群の原因の約90%はウイルスによるもので、他には細菌・マイコプラズマクラミジアなどがあります。

かぜ症候群の治療法

 かぜ症候群は安静にして、保温・保湿、水分補給に気をつけていれば、自然と治ることが多い病気ですので、必ず病院に行く必要はありません。

ただし症状が長引く場合や、子供や高齢者は重症化する場合がありますので、熱や痛みを取り除くための、解熱剤や抗生物質を使うこともあります。

ページの一番上へ>          次のページ→旅行者下痢症
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-