卵巣嚢種

卵巣嚢種−【腹痛下痢便秘症状病気】

卵巣嚢種の症状

卵巣嚢種 卵巣嚢種は、下腹部に膨れたような圧迫感がある腹部膨満感・お腹にしこりのようなものがある腫瘤感・便秘・動悸・息切れなどの症状がでる病気です。

ただし卵巣は身体の深部にあるため、症状が現れにくく、自覚症状よりも婦人科検診や、他科(内科など)の病気の検査の際に偶然見つかることが多いです。

 まれに、卵巣にできた嚢腫(のうしゅ)がねじれて激しく痛むことがありますが、茎捻転(けいねんてん)といって緊急手術になります。

 卵巣嚢腫というのは、子宮の左右にある親指大の卵巣に、嚢腫(のうしゅ)ができた状態です。嚢腫というのは、袋状の腫瘍内に液体がたまっているできもののことをいいます。 卵巣嚢腫の種類によりたまる液、内容物は異なります。

 卵巣嚢腫には種類があり、嚢腫の内容物が水溶性のものであれば、漿液性嚢胞腺腫(しょうえきせいのうほうせんしゅ) 。ゼリー状のものであれば、粘液性(ねんえきせい)嚢胞腺腫 。皮脂、毛髪、歯、軟骨などを含んでいれば、成熟嚢胞性奇形腫(せいじゅくのうほうせいきけいしゅ) と分類されます。

 卵巣嚢種の約25%が漿液性嚢胞腺腫。約20%が粘液性嚢胞腺腫です。成熟嚢胞性奇形腫は、20〜30代の若い世代にみられます。

卵巣嚢種の原因

 卵巣嚢種の原因は、まだはっきりとはわかっていません。

卵巣嚢種の治療法

 卵巣嚢種は、身体の深部にあるため、CTスキャンやMRIなどで撮影しても、良性の嚢種か悪性の嚢種(がん)か判断が難しく、腫瘍マーカーの検査をしても、卵巣がんとの区別が難しい病気です。

ですので、実際に嚢種を取り出して、内容物を確認しなければはっきりとしたことはわかりません。そのため、卵巣に嚢種が見つかると手術をしますが、嚢種だけを切除する場合と、卵巣ごと切除する場合があります。

仮に卵巣ごと切除した場合でも、片方の卵巣は残っていますので、月経があり妊娠、出産もできます。

 ただし、内容物が水溶性の漿液性嚢胞腺腫の場合で、大きさが4cm以下であれば、自然と消えることがありますので、経過を観察する場合もあります。

ページの一番上へ>          次のページ→卵巣がん
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-