月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)−【腹痛下痢症状病気】

月経前症候群(PMS)の症状

月経前症候群(PMS) 月経前症候群(PMS)は、腹痛・便秘・下痢・腹部不快感などの症状がでる病気です。

身体の症状だけではなく、イライラ・憂鬱感・焦燥感など、精神症状が見られる場合もあります。

 女性の月経(生理)がはじまる3〜10日前から症状が現れはじめ、月経がはじまると症状はなくなります。

 月経前症候群(PMS)は、人により症状が全くない人や、月経の度に症状が重くてつらい思いをしている人など、個人差が非常に大きい病気です。

月経前症候群(PMS)の原因

 月経前症候群(PMS)の原因は、はっきりとはわかっていません。

しかし、月経ではさまざまなホルモンが変化しますので、排卵後の黄体ホルモンの不足や、卵胞ホルモンの過剰分泌などが原因だといわれています。

月経前症候群(PMS)の治療法

 月経は病気ではなく正常な身体のシステムですので、症状がない人や軽い人は、特に治療は必要ありません。

しかし症状が重く、月経毎に非常につらいという場合は、お薬による対症療法を行います。

身体症状には鎮痛薬、精神症状には抗うつ薬抗不安薬を処方します。最近では、漢方薬を処方するケースもあります。また、排卵を抑制するための低用量ピル(経口避妊薬)を処方することもあります。

 月経前症候群(PMS)の症状は、規則正しい生活やバランスのとれた食生活を送ることで、軽減することもありますので、お薬を使う前に、生活習慣の見直しをするとよいでしょう。

ページの一番上へ>          次のページ→切迫流産
サイトのTOPページへ

サイトマップ】【お問い合わせ

当サイト内の内容・構成・デザイン・テキスト、画像の無断転載・複製(コピー)は一切禁止です。
Copyright All Reserved by 腹痛・下痢・便秘の症状がある病気 Since 2012/1/25-